life-as-a-guide 英語ガイドと海外添乗 我が生涯に一片の悔い無し

英語通訳ガイドとしての生き様を公開しています!

ロシアの古都と黄金の環スズダリの旅

こんにちは。もと海外旅行添乗員&公立高校の英語教諭で、現在は英語を使う仕事で生活をしているゆういち(@lifeasaguide93)です。

 

最近、こつこつと過去の海外添乗の想い出をブログ化しており世界史やら世界地理やらの復習をしていました。ロシアの古都と黄金の環スズダリの旅の想い出を記事化します。

 

1日目 新千歳~ソウル~モスクワ

早朝千歳空港に集合しソウルの仁川国際空港へ。その後、ソウルにて航空機を乗り換えモスクワへ。モスクワに到着後ホテルへチェックイン。

f:id:life-as-a-guide:20211114141451j:plain

【グム百貨店】      

                     (モスクワ:マリオット・グランド泊)

2日目 モスクワ観光

f:id:life-as-a-guide:20211114141105j:plain

本日はモスクワの終日観光です。まずは赤の広場へ。聖ワシリー寺院近くでバスを下車し広場まで歩きました。グム百貨店で時間をとり自由散策。その後、クレムリンの見学へ。武器庫(宝物殿)ではロマノフ王朝の宝物を見学し、ウスペンスキー寺院、巨大な鐘の皇帝、大砲の皇帝を見学しました。

f:id:life-as-a-guide:20211114141137j:plain

f:id:life-as-a-guide:20211114141301j:plain

市内レストランにて昼食を済ませ、午後はロシア美術の殿堂館(本館)へ。ロシアの古美術および18世紀以降の絵画を専門に収集したロシ美術最大の美術館では、レーピン、シーシキン、スリコフなどの傑作を見学できました。

 

その後、モスクワ大学がある雀が丘から市内を一望し、黄金の屋根が輝くノボデビッチ修道院を見学、そして市内レストランにて夕食をとりホテルに戻りました。

f:id:life-as-a-guide:20211114141917j:plain

【雀が丘】 

f:id:life-as-a-guide:20211114142704j:plain

【ノボデビッチ修道院】

                                (モスクワ泊)

3日目 モスクワ~セルギエフパッサード~ウラジミール~スズダリ

f:id:life-as-a-guide:20211114142827j:plain

本日より黄金の環の見学スタートです。ロシアの原風景が残る地域への訪問です。まずはセリギエフパッサードへ。そして修道院内の見学へ。聖セルギエフ三位一体教会、ウスペンスキー寺院などを見学しました。

f:id:life-as-a-guide:20211114142920j:plain

見学後、市内のレストランにて昼食。キエフ風のカツレツを楽しみました。午後はウラジミール経由でスズダリに向かいます。スズダリ到着後、ホテルにチェックイン。

                  (スズダリ・プシュカルスカヤ スロボダ泊)

4日目 スズダリ~ウラジミール~ボゴリューボゴ~スズダリ

f:id:life-as-a-guide:20211114143003j:plain

午前、スズダリの見学です。まずは木造建築博物館へ。近隣の村から移築された教会や民家などを見学しました。その後、徒歩にて小さな橋を渡りスズダリのクレムリンへ。クレムリンとはロシア語で「城壁」の意味です。

f:id:life-as-a-guide:20211114143039j:plain

f:id:life-as-a-guide:20211114143127j:plainスズダリのクレムリンは町で一番歴史が古く11世紀に建立されました。その後、商業広場まで歩き自由行動。散策を楽しみました。見学後は、スパソ・エフミエフ修道院へ。外壁沿いに歩き、美しい展望台からスズダリの町を見学しました。

f:id:life-as-a-guide:20211114143211j:plain

そして聖ボリスと聖グリブの教会へ。入口近くの鐘塔が少し傾いており有名なピサの斜塔のようでした。見学後、昼食レストランへ。

f:id:life-as-a-guide:20211114143344j:plain

【ピロシキ:パンの中はイチゴジャム】

午後はウラジミールへ。12世紀に造られた黄金の門を見学しウスペンスキー寺院へ。かつてロシア正教の総本山が置かれたこともある大聖堂は非常に歴史のある大聖堂でした。

f:id:life-as-a-guide:20211114143512j:plain

f:id:life-as-a-guide:20211114143641j:plain

見学後、外観の美しいドミトリエフスキー聖堂を見て、ウラジミール郊外のボゴリューボゴへ。まさにロシアの原風景。草原の中に素敵な白い教会が建っておりました。見学後、スズダリのホテルへ戻ります。夕食はロシアの一般家庭にて楽しみました。

f:id:life-as-a-guide:20211114143718j:plain

f:id:life-as-a-guide:20211114143740j:plain

 f:id:life-as-a-guide:20211114143802j:plain

f:id:life-as-a-guide:20211114143910j:plain

【スズダリの一般家庭での夕食】                              

                                (スズダリ泊)

5日目 スズダリ~モスクワ~サンクトぺテルグルグ

早朝、スズダリを出発しモスクワへ戻ります。想定外の渋滞で大幅にスケジュールが変更となりましたが、昼食レストランをキャンセル、航空機の変更などで、なんとかサンクトペテルブルグに到着。

                   (サンクトペテルブルグ:アンバサダー泊)

6日目 サンクトペテルブルグ

f:id:life-as-a-guide:20211114144109j:plain

水の都サンクトペテルブルグの観光スタートです。まずは聖イサク寺院の近くから運河クルーズへ。サンクトペテルブルグはロシアのヴェネチアと呼ばれるほど多くの運河が張り巡らされております。

 

運河クルーズの後、ユスポフ宮殿へ。かつての貴族ユスポフ伯爵の立派な邸宅です。怪僧ラスプーチン暗殺の舞台となったところです。昼食はエルミタージュ美術館の一部を利用したレストランにてビーフストロガノフを楽しみました。

f:id:life-as-a-guide:20211114144509j:plain

午後は、エルミタージュ美術館の見学です。さすが世界三大美術館でした。ダビンチ、ミケランジェロ、エルグレコ、レンブラント、フランス印象派などの名画をゆっくりと見学しました。

f:id:life-as-a-guide:20211114144540j:plain

f:id:life-as-a-guide:20211114144632j:plain

f:id:life-as-a-guide:20211114144659j:plain

f:id:life-as-a-guide:20211114144749j:plain

f:id:life-as-a-guide:20211114144839j:plain                             

                          (サンクトペテルブルグ泊)

7日目 サンクトペテルブルグ

f:id:life-as-a-guide:20211114144929j:plain

引き続きサンクトペテルブルグの見学です。まずはデカプリスト広場にてピョートル大帝の像「青い騎士の像」を見学し聖イサク寺院へ。

f:id:life-as-a-guide:20211114145013j:plain

帝政ロシアのシンボルとして1858年に建てられたあまりにも巨大な大聖堂は、第二次世界大戦で目印になるとされ、あえて爆撃されなかったそうです。

f:id:life-as-a-guide:20211114145111j:plain見学後、ロストラの柱にて写真ストップ。ロストラは船首を意味します。ネヴァ河の対岸からエルミタージュ宮殿を写真に収めることができました。午後訪ねることとなるペテロパブロフスク要塞も見る事ができました。

f:id:life-as-a-guide:20211114145235j:plain

【ペテロパブロフスク要塞】

その後、市内レストランにて昼食。午後は要塞の見学です。ペテロパブロフスク要塞内の教会ではピョートル大帝やニコライ2世などのロマノフ王朝の歴代皇帝の棺を見学しました。かつての牢獄も見る事ができました。

f:id:life-as-a-guide:20211114145429j:plain

f:id:life-as-a-guide:20211114145448j:plain

見学後、ホテルへ戻ります。小休憩後夕食をとりに市内レストランへ。夕食後、白鳥の湖を鑑賞しにアレクサンドリン劇場に行きました。

                          (サンクトペテルブルグ泊)

 

8日目 サンクトペテルブルグ

 

本日は、南郊外のツァールスコエ・セローにあるエカテリーナ宮殿へ。大黒屋光太夫がエカテリーナ女帝に謁見した大広間や、壁中が琥珀で埋め尽くされた琥珀の間など、帝政ロシアのお宝に埋め尽くされた宮殿は目を見張るものばかりでした。

 

見学後、サンクトペテルブルグ市内に戻ります。昼食を文学カフェにて。かつての名だたる文豪たちも通ったとされるサンクトペテルブルグで最も有名なレストランです。

 

午後は、自由行動です。私は希望者とネフスキー通り沿いを歩き血の上の救世主教会を見学し芸術広場へ。お買い物を楽しみ、ホテル近くのセンナヤ広場へ。散策を楽しみホテルに戻りました。

                          (サンクトペテルブルグ泊)

 

9日目 サンクトペテルブルグ~ソウル

f:id:life-as-a-guide:20211114145653j:plain

午前は自由行動です。私は希望者とドストエフスキーの「罪と罰」文学散歩へ出かけました。ドストエフスキーが滞在したアパートや主人公のラスコリニコフのアパート、金貸しばあさんのアパートなどを見学しました。その後、ホテルに戻ります。

 

お昼前にホテルをチェックアウトし昼食レストランへ。ロシア風水餃子のペリメニを楽しみました。そして午後、ロシア美術館ヘ。ルブリョフ、アイヴァゾフスキー、レーピンなど、ロシア美術の名作を見学しました。

f:id:life-as-a-guide:20211114145729j:plain

その後、ピョートル大帝の夏の宮殿へ。往路はフィンランド湾を水上翼船にて移動しました。

f:id:life-as-a-guide:20211114145534j:plain宮殿到着後は、黄金色に輝く宮殿庭園を散策しました。見学後空港へ向かいます。途中、空港近くのレストランにて夕食を楽しみました。

 

空港到着後、チェックイン。一路帰国の途へ。日をまたぎソウルへ。

                                  (機内泊)

 

10日目 ソウル~千歳

無事ソウル到着、その後、国債線に乗り換え無事千歳空港に到着。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!旅行の力で日本を盛り上げていきたいと考えています。Instagram, Twitter, Facebook など各SNS運営しています!よろしければご覧下さい!

 

Instagram 

https://www.instagram.com/yuichi_hokkaido_travellogs/

Facebook 

https://www.facebook.com/lifeasaguide