life-as-a-guide 英語ガイドと海外添乗 我が生涯に一片の悔い無し

英語通訳ガイドとしての生き様を公開しています!

会話からの英文法 英語ガイドの文法解説

こんにちは。もと公立高校の英語教諭で、現在は英語通訳ガイドで生計をたてているゆういち(@lifeasaguide93)です。

 

日々、私なりにどうしたら英語は上達するのか?英語を話せるようになるのか?ということを考えながら仕事をしています。

 

私が今の仕事につくまでにとてつもない時間を要したため、今英語学習に取り組むあなたには私よりも近道をして英語を身に着けていただきたいのです。

 

今回は、英語学習に挫折したというあなたを対象に記事を書きます。私も同じ道を通りましたが、英語の煩雑な文法と膨大な数の単語を目の前にギブアップしたことでしょう。

 

 また、英語を勉強してるが、学校の英語の教科書の内容が現実的ではなくてモヤモヤしている学生のあなたにも見ていただきたい!

 

私が普段やっていること、(ツアー中の会話)を時系列で書き出し、文法解説も私が会話で話している順番に解説していくというやり方で書いてみます。

 

難しい文法解説はしません!会話から学ぶ英文法を意識しました。

そして文法も詳細には解説しません。必要最低限の理屈を知っていただき、後は繰り返し使うことで身に着けてほしいからです。

 

 英語玄人のガイドさんでも、私が普段どんなことを話しているのか参考にしていただけると思います。

 

 

札幌市内観光(Day Tour 編)

f:id:life-as-a-guide:20210123114915j:plain

今回の教材は、札幌市内観光の1日ツアーです。内容は以下のようになります。

 

ホテル出発 → 北海道神宮(桜の時期)→  二条市場、ランチ →  狸小路 → 大通公園 → 札幌テレビ塔 → 時計台 → 札幌駅

ホテル出発時

f:id:life-as-a-guide:20200408220143j:plain

今回はゲスト1名です。私はホテルロビーでゲストのネームボードを持ちながら待っています。

ゲスト→ G (guest) /  私 → Y (Yuichi)

 

G: Are you Yuichi? *1 *2

Y: Yes! I am. Glad to see you!  How are you? *3 *6

G: Me, too!  I'm good! *6

    Where do you take me today? *3

Y: We are going to visit Hokkaido Jingu shrine by subway, then come back to the city

    center and visit Nijo market. *4

 We are supposed to have lunch there.  

 After that let's move to Tanuki Koji which is the oldest shopping street in hokkaido!

 Then, let's walk around Odori park and visit Sapporo TV tower to look over the view of

 the city.

 Let's walk to Sapporo clock tower after Sapporo TV tower. *5

G: Sounds good! *6

Y: Shall we go?  *6

G: Yes!

 

*1 「be動詞」

これだけ覚えましょう。

主語が I  (私)のときは am     You / We / They のときは are

              He / She のときは is

※ 主語が三人称単数、いわゆる第三者で1人の場合は is

Ex. 

Yuichi is funny.  (ゆういちは面白い)    A dog is cute. (その犬はかわいい)

 My mother is strict.(私の母は厳しい)

 

be動詞の意味は「~である、~にいる、~にある、存在する」です!

 

いくつか例文をつくりましょう。

I am happy. (私はうれしい。)

She is shy. (彼女は恥ずかしがり屋です。)

They are beautiful. (彼女らは美しい。)

 

*2 「be動詞の疑問文」

疑問文を作る際は主語と動詞をひっくりかえします。

Ex. 

Am I happy? (私はうれしいの?)

Is she shy? (彼女は恥ずかしがり屋なの?)

Are they beautiful? (彼女らは美しい?)

 

*3  「疑問詞と疑問詞を使った疑問文」

疑問詞

When (いつ?) /   What(何?)  /   Where(どこ?)  /   How (どうやって?)

 

疑問詞は, 疑問文の前にくっつきます

 Ex. 

When is it?  (それはいつですか?)

What is this?  (これは何ですか?)

Where am I  (私はどこにいるのですか?)  ※地図を見る際よく使います。

How are you?  (お元気ですか?)

 

上記のように疑問詞を先頭に出し、その後に疑問文をくっつければO.Kです。

 

*4   「近未来系(〜するつもり)」

「be動詞+ going to + 動詞の原型」で今からまさにしようとしていることを表現できます。

Ex. 

I am going to play tennis.  (私はテニスをする予定です。)

He is going to come back.  (彼はかえってくるだろう。)

It is going to rain.  (雨が降りそうだね)

 

*5  「Let's (〜しましょう)」

「Let's + 動詞の原型」で~しましょうと人を誘う表現になります。

 

*6  「そのまま覚えたら良いシリーズ」

(I am) glad to see you. (お会いできてうれしいです。)

Me, too! (私も!)

(It) sounds good. (いいね!)

Shall me go? (いきましょうか?)

 

地下鉄乗車

f:id:life-as-a-guide:20210123115207j:plain

券売機の前で

Y: This is a ticket machine for subway and we take Tozai line to get to Maruyama

    station. *1

    Maruyama is the closest station from Hokkaido Jingu shrine. It takes about 15 min. 

    from here to Maruyama. *2 *5

G: I've got it! How much is it? *5

Y: It should be 250 yen, let me check just in case.   *3 *5

    Yes, it is 250 yen.

G: Great! Where should I insert momey?  *4

Y:  Insert your coins here, please. 

 

*1 「to不定詞」 

to + 動詞の原型でto不定詞になります。意味は3つだけ覚えればとりあえずはOKです。

1.  ~すること  2.  ~するための  3.  ~するために

 

例えば、以下を見てみて下さい。

I like to study.  (私は勉強することが好きです。)

I go to school to study   (私は勉強するために学校にいきます。)

This is a chair to sit.  (これは座るための椅子です。)

 

*2 「最上級 the + 形容詞 + est ( 最も〜だ)」 

 ポイントはthe とest に挟まれている形容詞の見極めです。

例文を見てください。

I am the tallest student in my class.  (僕はクラスで1番背が高い学生です。)

She is the fastest runner in the world.  (彼女は世界で1番足が早い)

My son is the cutest in my family.  (私の息子は家族の中で1番可愛い)

*形容詞cute にest をつけるとcuteestになるはずですが、eが2つ重なるので1つとります。

 

*3 「助動詞 should + 動詞の原型 (〜すべき)」 

助動詞 should + 動詞の原型で~すべきという意味になります。 should と同じ助動詞で以下も一緒に覚えてしまいましょう。

1. can (~できる)  2. must (~しなければならない) 3. may (~かもしれない)

 

 *4 「助動詞 should + 動詞の原型の疑問形」

疑問文を作る際は主語と助動詞をひっくりかえします。考え方はbe動詞の疑問形と同じです!

Ex.  Can I have a coffee?   (コーヒーをもらうことができますか?)

   Should I sleep now?  ( 今寝るべきですか?)

 

 *5 「そのまま覚えたら良いシリーズ」

It takes ◯◯ min. / ◯◯ hours. (時間が◯◯くらいかかります。)

It should be ◯◯ (◯◯に違いない。)

How much is it? (おいくらですか?)

 

以下で会話を重視した勉強法をご紹介しています。

英語を話せるようになりたい! 英語ガイドの視点からのお勧め勉強法

 

北海道神宮(桜)

f:id:life-as-a-guide:20200408213715j:plain

Y: Welcome to Hokkaido Jingu shrine!  *6

G: Thank you very much!

Y: Now is the peak season of cherry blossoms in Hokkaido!

   Cherry blossom line starts from southern small island of Okinawa in mid-January, then     come up to Hokkaido in late April.  

   January is nothing but white here! *6

G: Yes, now is early May and it is unbelievable! 

Y: You can see prum blossoms as well. *6

    Hokkaido is the only place to see cherry blossoms and prum blossoms at the same

    time!

G: I see!  Interesting!

Y: We are on the precincts of the shrine and also in Maruyama park. 

    Look! People enjoy Ohanami party, which means cherry blossom viewing party.

    This shrine is loved among locals and seasonal events are being held anually such as

    Hanami, Natsu matsuri, summer festival and Hatsu moude, first visit to the shrine in a

    year. *1

   Many people also visit the shrine during Japanese New Year to go Hatsumode.

G: What do people do at Hatsumode?  *2

Y: We come to the shrine and pray for Happy new year!

G: I see!

Y: People come to Hokkaido Jingu shrine late at night before the new year begins and

   make a long line for praying. Then they do countdown together and when the new

   year starts they start praying. *3

   Some people are very eager to be the first prayer of the year and they compete each

   other.

G: I see!

Y: Myself prefer to stay at home and go to the closest shrine from my house with my

   family.

   Extant shrine was constructed in 1871 by the order of Hokkaido development

   commission although the original one was built in the other place.  *4

   Main 3 deities, Okuninushi, Okunitama and Sukunahiko and people who contributed to

   Hokkaido development are enshrined in this shrine. *4 *5

   The soul of the Emperor Meiji was later enshrined to the shrine in 1964, and the shrine

   was officially renamed to Hokkaido Jingu Shrine. *4

   All right! Let's go to see the main shrine!

 

 *1 「命令形 動詞の原型」

命令形は普通の文から主語を取り除き文章が動詞からスタートします。

Ex. 

Sit down.  (座って)  /  Eat.  (食べて!)  /   Study!  (勉強しなさい!)

※ Pleaseをつけるとお願いになります。

 Ex. 

Please sit down.  (座ってください。)  /  Eat, please.  (食べてください。)

Study, please.  (勉強してください。)

 

*2 「一般動詞の疑問形」

be 動詞以外の動詞は疑問文の作り方が違います。ここはちょっと複雑かもしれませんが、頑張ってください。

Be動詞の疑問文は主語と動詞をひっくり返しましたが、一般動詞の疑問文は、文の最初にDoをつけます。

Ex. 

You like Unagi.  (あなたはうなぎが好きです。)

Do you like Unagi?  (あなたはうなぎが好きですか?)

 

They love Unigi.  (彼女らはうなぎが好きです。)

Do they love Unagi?  (彼女らはうなぎが好きですか?)

 

ここからが少しポイントです。

主語が三人称単数の場合はDoではなくdoesになります。そして、もともと動詞についていたsがとれます。

She loves Yakitori. (彼女は焼き鳥が大好きです。)

Does she love Yakitori?  (彼女は焼き鳥が大好きですか?)

 

He plays backet ball.  (彼はバスケットボールをします。)

Does he play basket ball?  (彼はバスケットボールをしますか?)

 

Your dog eats carrot.  (うちの犬はニンジンを食べます。)

Does your dog eat carrot?  (あなたの犬はニンジンを食べますか?)

 

私も普段話しててよく間違えますから、とても慣れるのが難しい概念です。

克服のコツは例文をたくさん覚えることです。

 

*3 「動名詞(動詞の原型+ing) ~すること」

動詞にingをくっつけることで~することという意味の名詞形にすることができます。

Ex. 

Study → Studying ( 勉強すること) /  sleep → sleeping ( 寝る事)

walk → walking (歩くこと)

 

*4 「受動態 (be動詞+動詞の過去分詞) 」

通常の文は主語が「~する」という文章ですが、受動態では主語が「~される」という意味になります。

「主語 + be動詞 + 動詞の過去分詞」で受け身の文をつくることができます。

例文をいくつか出します。

Ex. 

My mother cooked my dinner.  (母さんは私の夕食をつくった。)

My dinner was cooked by my mother. 

(私の夕食はお母さんによってつくられた。)

 

My child lined up TOMICAs on the floor.  (私の子供がトミカを床に並べた。)

TOMICAs were lined up on the floor by my child.

(トミカは私の子供によって床に並べられた。

 

※例文はすべて過去の文章のためbe動詞が全て過去形になっています。

 

be動詞の過去形

am / is → was               are → were 

 

by(人)は「~によって「」という意味になり受動態ではよく使われます。

 

では、動詞の過去分詞とは?一般動詞の過去形のつくり方と同じで「動詞の原形+ed」が多いと思って下さい。

たまに過去形とは違う形の過去分詞形が現れる程度に思っておいて下さい。そうしないとルールに統一感がないのでめげます・・・

 

さらに言うと、be動詞の後に動詞にedがついたものが来たら受け身かな?というくらいに覚えておくくらいで良いです。

 

以下のページで受け身について、丁寧に説明されています。

mysuki.jp

*5「関係代名詞 who」

関係代名詞は一般的な説明を書くと「名詞を修飾する形容詞説を作る文法」です。

私の教員としての経験上、この概念は話せば話すほど見えない闇にハマっていきます。

とりあえず以下のように考えて見てください。

 

私:  I saw a very beautiful lady.  ( とても綺麗な女性を見ました。)

この女性についてもう少し詳しく説明したいな。

She was sitting on the bench in the park. ( 彼女は公園のベンチに座っていました。)

I saw a very beautiful lady. 

She was sitting on the bench in the park. 

・・・

2文も話すのがめんどくさいから1文で伝えよう!

I saw a beautifl lady who was sitting on the bench in the park. 

 

関係代名詞はなんだかめんどくさそうで会話で必要ないんじゃない?と思う方が多いですが、実は会話文で便利なんです!

 

作り方は説明の加えたい名詞(人)の後ろにwhoを入れて二番目の文章をくっつけます。

二番目の文章の主語はwhoに変わるので消します。

 

 *6 「そのまま覚えたら良いシリーズ」

Welcome to ◯◯ (ようこそ◯◯へ)

◯◯ is nothing but △△ (◯◯には△△しかない)

as well (同様に)

 

二条市場とランチ 寿司屋

f:id:life-as-a-guide:20210123115411j:plain

G: Oh, my.. so many fish and seafood... *4

Y: Yes, there are! This is Nijo market and one of the biggest fish markets in Hokkaido!

 Let's walk around the market and see how it's like*4

G: I am excited!

 

ここ、ガイドの見せ場で北海道の魚介類について、話すことがたくさんあるのですが、書きすぎるとその後の勉強が辛いので割愛します。

 Y: Let's have our lunch at the market.

   There is a nice Sushi restaurant. Do you take raw fish? *1

G: No problem! Anything is fine and even I'd love to try fresh seafood since I am in       

   Hokkaido. *4

Y: Great! Then, follow me, please.

 

お店にはいる。

Y: 2人なんですが、入れますか?

店員:どうぞ、どうぞ、空いている席どこでもいいですよ。

Y: ありがとうございます。

     Hi, ◯◯san, come here and have a sit, please.  *4

G: Thanks.

Y: Here is a menu. Please have a look. *4

   There are set menu, assort of sashimi or grilled fish coming with miso soup and plain

   rice. Assort of sushi with tempura and miso soup..  the sushi chef serves Nigiri zushi

   one by one and here are prices..

G: Thank you. What do you take?  I will buy your lunch.  *2

Y: Thank you very much. I will have a salmon don which is a bowl of rice topped with

    slices of raw salmon. *2 *3

 

*1「There is / are (〜があります。)」

There is + 名詞(単数) /  There are 名詞(複数)で「~があります」という意味になります。

 

*2 「意志のwill (〜します)」

意志のwill は〜しますという意味になります。

 

*3 「関係代名詞 which」

関係代名詞whichは、関係代名詞whoと同じ概念です。説明を加えたい名詞が人ではなく物の場合whichになります。

 

 *4 「そのまま覚えたら良いシリーズ」

Oh, my.. (なんてことだ!)

How it's like. (どんな感じか)

※この場合のlikeは動詞ではなく形容詞で「〜のような「」の意味

I'd love to (是非〜したい)

since (〜なので)

have a look (見てみて)

have a sit (座って)

狸小路(たぬきこうじ)

f:id:life-as-a-guide:20200408214405j:plain

Y: I am full.. I ate too much.. *1

G: So am I but they were so good!!

Y: Yes, personally, that restaurant is the best in Nijo market.

G: Thank you very for taking me there!

Y: You are always welcome*1

   Let's walk to Odori park via Tanukikoji street.

   Tanuki koji is the oldest street in Hokkaido and people enjoy shopping here!

   Tanuki is the symbol of this street and it means raccoon dog native speaces of animal

   in Japan!

 

 *1 「そのまま覚えたら良いシリーズ」

I am full (お腹いっぱいです。)

You are always welcome ( どういたしまして。)

大通公園

f:id:life-as-a-guide:20200408215543j:plain

Y: Here we are. 

  This is Sapporo Odori park.  This park is the land mark of Sapporo and people enjoy

  chilling out, chatting with friends, playing with their kids..

G: I see. 

Y: This park used to be a fire drill in Sapporo and also separated financial area to the

 north and merchandise area to the south from here. *3   

G: O.K.

Y: There are many seasonal events being held in this park such as Yosakoi Souran

 dancing festival, Sapporo beer garden festival, Sapporo autumn fest, Sapporo snow

   festival.

G: Wow, I think I need to come back.

Y: You have to. *3

G: What is that tower?

Y: Good question!

 That is Sapporo TV tower where we are going to visit and the tower is one of the

    most  famous touristic destinations in Sapporo. *1  *2

 Let's walk to the tower.

 

 *1 「関係副詞 where」

関係副詞については、もしかしたら関係代名詞よりも複雑な概念を解説しないといけません。

私はしません。

これについては以下例文を意味を理解した上で丸暗記して下さい。

 

This is the place where I wanted to come. (ここは私が来たかった場所です。)

 

関係副詞の詳しい解説を見たい方は以下がおすすめです。

fromexperience.info

*2 「最上級 the most + 形容詞」

最上級は「the + 形容詞 + est」と説明しました。実はestをつけるかわりに「the most + 形容詞」になるパターンがあります。

基本的な考え方は、短い形容詞はestパターン、長い形容詞はthe mostパターンになります。

 

 *3 「そのまま覚えたら良いシリーズ」

used to + 動詞の原型 (以前は〜していた。)

have to (〜しなければならない)

テレビ塔

f:id:life-as-a-guide:20200408215909j:plain

Y:Here is the tower.

  The tower is 147.2 m high and planed by Tachu Naitou. He is called the father of towers

  in Japan and planed a lot of towers such as Tokyo tower, Nagoya tower, Kyoto tower

  and Tsuutenkaku tower in Osaka.  *1

  The tower is modeled under Eiffel Tower in Paris. 

   Would you like to go up?  *1

   There is a observation deck and you can go there by the elevator if you don't mind

   paying 1,500 yen. *1

G: I think I am O.K. I just like to take a photo from here.

Y: That's good idea! May I help you to take your photo? *1

G: Yes, please.

 

*1 「そのまま覚えたら良いシリーズ」

If (もし〜ならば)

May I + 動詞の原型 (〜してもよいですか?)

such as (たとえば)

Would you like to + 動詞の原型 (〜したいですか?)

時計台

f:id:life-as-a-guide:20200408215741j:plain

Y: We walked a lot. Are you O.K? Don't you feel tired?  *1

G: I'm good. Thank you!

    This is beautiful looking, isn't this?   *1

Y: Yes! It's Neo Classic style and was in fashion in U.S late 19th century.

G: I see.

Y: This building used to be a part of Hokkaido university but the main buiding of

    university was moved to the place near Sapporo station.

Y: Let's take photos.

 

*1 「そのまま覚えたら良いシリーズ」 

Don't you + 動詞の原型 (〜ではないですか?)

isn't this? (そうでしょ?)

※前の文章の主語と動詞に合わせて変化します。

例えば、aren't they?, didn't you?, weren't they?などになります。

札幌駅

f:id:life-as-a-guide:20200408214818j:plain

Y: We arrived at the Sapporo station now.

    Your hotel is just right there and you requested me to do shopping after the tour so I

    think it's better to finish our tour now.  *1

    Sapporo station is connected with 3 big department stores and good place to shop.

G: I see. Thank you very much for today. I enjoyed a lot.

Y: Great to hear that!  Let's keep in touch.  *1

G: Sure!  *1

Y:  If you have any questions during your stay in Hokkaido just let me know.  *1

G: Thanks a lot. See you until next time!

 

*1 「そのまま覚えたら良いシリーズ」 

A文章 so B 文章  (AなのでBです。)

Let's keep in touch (連絡をとり合いましょう。)

Let me know (知らせてください。)

Sure! (もちろん)

今回登場した重要英文法

f:id:life-as-a-guide:20200408214710j:plain

今回の会話文は、私が実際のゲストとの会話を思い出し書き出したものです。かなり省略してはいますが、それでもかなりの量の文法事項がでていますね。

 

今回登場した重要文法事項は以下です。

1. be動詞と疑問文

2. 疑問詞の疑問文

3. be going to ( 近未来系)

4. to 不定詞

5. 最上級

6. 助動詞

7. 命令形

8. 動名詞

9. 受動態

10. 一般動詞と疑問文

11. There is / are 

12.関係代名詞

13.関係副詞

 

私の尊敬する東進ハイスクールの安河内哲也先生が

「英語なんて言葉なんだ、こんなもんやれば誰だってできるようになる。」といっています。

その通りだと思っています。我々日本人の方が難しい言葉を話しています。ひらがな、カタカナ、そして漢字を使いこなしてますからね。比べて英語は26アルファベットしかないですからね。

以下で私のおすすめの会話ができるようになることを重視した英語学習法を紹介しています。よかったら訪ねてみてください。

英語のプロが実践!ペラペラになる英語学習法

 

通学、通勤の際、手軽に英語を勉強したいという方には以下が是非お勧めです。

英語は習うより慣れろ!何よりも重要なのは発話すること、そして英語ネイティブと会話を重ねることです。話すことであなたの英語はびっくりするほど早く上達します!

 

私のおすすめはレアジョブです。1回のレッスンは25分で短すぎもせず長すぎもせず、継続して取り組めるちょうど良い長さです。

 

講師はフィリピン人が多く、フレンドリーかつ流暢な英語であなたの英語学習をサポートしてくれることでしょう。あなたは今、え?英語学習なのにフィリピン人?と思ったことでしょう。良くわかります。私もそうでした。

 

英語を学習するには、絶対に欧米人相手よりもまずはアジア人英語話者に教えてもらった方が絶対良いです。

 

我々日本人はアジア人で、同じアジア人とは言葉を介さなくても理解し合える何かがあります。あなたの説明がうまくいかなくても、きっと相手はあなたを理解してくれるでしょう。

 

レアジョブなら、最小レッスン単価は142円です。無料体験レッスンが2回無料となっています。日本人による無料カウンセリングも1回受けられるので一度問い合わせてみてはいかがでしょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました!旅行の力で日本を盛り上げていきたいと考えています。Instagram, Twitter, Facebook など各SNS運営しています!よろしければご覧下さい!

 

Instagram 

https://www.instagram.com/yuichi_hokkaido_travellogs/

Facebook 

https://www.facebook.com/lifeasaguide